神奈川県藤沢市にある湘南白百合学園小学校は、カトリックの女子私立小学校として75年以上の歴史のある小学校です

教育内容

教育の特色

教育の特色

キリスト教の精神に基づいた一人一人を大切にした教育

キリスト教の精神に基づいた一人一人を大切にした教育

イエス・キリストは、「神の前にすべての人が兄弟姉妹であり、一人一人がかけがえのない存在である。」と教えています。このキリスト教精神に基づき、一人一人の個性を大切にした教育を行います。

女性の特性を生かした教育

女性の特性を生かした教育

お互いに協力し合いながら、一歩一歩丁寧に学習を進めるなど、女性の特性を生かした学習方法を取り入れています。また、学校生活のすべての場面で、女の子が主役です。そのような環境の中、子供たちはのびのびと学校生活を送っています。

当たり前のことが当たり前にできる教育

当たり前のことが当たり前にできる教育

明るいあいさつをする、人の話に耳を傾ける、整理整頓を心掛ける、一生懸命掃除をするなど、基本的生活習慣が確立してこそ、個性を伸ばす教育が可能です。当たり前のことが当たり前にできるように、日々の教育に努めています。

基礎基本の定着の上に立った発展学習

基礎基本の定着の上に立った発展学習

「各学年で基礎学力を確実に定着させること」「学びの過程を大切にし、一人一人の力を把握し、伸ばす工夫をすること」「進んで学ぶ意欲を育て、学習習慣を身につけること」を基本として指導を行います。高学年の社会・理科では、専科教員による、レベルの高い教育を行います。

  • 1.考える力と判断力を身につける
  • 2.自己表現力を身につける
  • 3.協力して取り組む社会性を身につける

音楽、図工、体育、毛筆などの科目も重視

当たり前のことが当たり前にできる教育

音楽・図工・体育・毛筆は、それぞれの専門教師による授業を行っています。多様な教材を用いて、児童の才能を引き出し、個性を伸ばしていく教育を実践しています。

未来を見据えた英語、情報教育

当たり前のことが当たり前にできる教育

社会の国際化がますます進み、グローバルな人材の育成が重要になってきました。本校では、ネイティブスピーカーの専任教師が、日常的に児童に接する機会が多くあります。

当たり前のことが当たり前にできる教育

情報教育においては、週に1時間、年齢に応じた情報の知識や技術をパソコン室で学びます。今や生活のあちこちに根付いた情報端末を安全に利用できるように、そこからきちんと情報を発信できるように指導しています。

ページトップへ