神奈川県藤沢市にある湘南白百合学園中学・高等学校は、キリスト教(カトリック)の精神に基づいて中高一貫の女子教育を行っている学校です

スクールライフ

スクールライフ

ホーム > スクールライフ > 年間行事

年間行事

学園記念日ミサ

写真  6月25日(木)、白百合ホールにて学園創立79周年記念ミサが行われました。学園の守護聖人である聖パウロの祝日(6月29日)にあわせて、本校では毎年この時期に全校でミサを捧げています。昨年度に引き続き、音楽コンクールと同日の開催となりましたが、コンクールの前のひとときに心を静め、これまでに学園の歩みに思いをはせる機会となりました。開式の前に、ピアノの演奏と学園の歩みについての朗読がありました(朗読の全文はこちらを参照してください)。今年は、本校の伝統である奉仕活動の会「小百合会」が、第二次大戦中に命を全うしたひとりの修道女の働きかけで生まれ、現在まで脈々と受け継がれていることを学びました。
 司式をしていただいたレデンプトール会の井上武神父様からは、「食べるために生きるのか、生きるために食べるのか」という問いかけから、私たちひとりひとりの生きる意味や、この学校が現在まで続いていることの意味についてお話いただきました。私たちが「価値あるものを分かち合い、伝え合う」ために生きていること、今日の音楽コンクールや、先ほどの朗読に出てきた小百合会など、この学校にも後世に伝えていくべき「価値あるもの」があることを教えていただきました。
 これから歌を通して聴衆に「伝える」立場となる生徒たちにとって、有意義な時間となったことと思います。

  • 写真

ページTOPへ